学童期・思春期の尋常性座瘡(にきび)のスキンケアに関する研究 : シュガースクラブの洗浄効果の検証 Skin Care for Adolescents with Acne Vulgaris : Effects of "Sugar Scrub" on Skin Cleansing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

先に著者らは、甜菜糖を植物油でコーティングしたシュガースクラブには、乳幼児で保湿効果と皮脂量の増加によるバリア機能効果を有することを検証し、乳幼児のスキンケアに有効であることを明らかにした。今回は、尋常性座瘡(にきび)の多い学童期・思春期(11歳〜29歳の35名)を対象に、シュガースクラブによるスキンケア前とケア30分後の水分値、弾力値、皮脂量を初回と1ヶ月間の継続使用後に測定し、皮膚の状態を観察した。にきびが多い対象者の皮脂量は多かった。頬部や額部の皮脂量が多い群では、スキンケア後に皮脂量は有意に低下した。また、1ヶ月には自覚的・他覚的ににきびの改善が見られた者もおり、これらは皮膚の環境が改善した結果と考えられた。以上より、シュガースクラブによるスキンケアは、にきびのできやすい皮脂量の多い学童期・思春期にも有効であることが示唆された。

Sugar Scrub, mainly consisting of beat sugar coated with plant oil, has been shown to provide effective skin care for young children because of its moisturizing effect and skin barrier function enhanced by sebum secretion. The present study evaluated the effect of Sugar Scrub in skin cleansing in 35 subjects, aged 11 through 29, with acne vulgaris. Sebum content before Sugar Scrub care and 30 minutes after was compared. The skin sebum content of subjects suffering greatly from acne on the forehead, cheek, and lower jaw was high. Cluster analysis identified three groups by sebum content: high on the cheek and forehead (group 1), high only on the forehead (group 2) or low (group 3). Group 1 and 2 showed a significant decrease in sebum content after care, suggesting it had a cleansing effect. Acne lesions partly improved after one-month care. In conclusion, Sugar Scrub, by maintaining a proper sebum content in the skin, appears suitable for skin care for those suffering from acne vulgaris.

収録刊行物

  • 日本小児看護学会誌

    日本小児看護学会誌 21(1), 63-68, 2012

    一般社団法人 日本小児看護学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009436673
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11583347
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13449923
  • NDL 記事登録ID
    023604306
  • NDL 請求記号
    Z19-B293
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ