動画像における擬似的不規則画素配置によるジャギー解消効果の評価(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般) Evaluation of Jaggy Elimination Effect in Moving Pictures using Pseudorandom Pixel Placement

この論文をさがす

著者

抄録

人間が見て「きれい」と感じる画像表現を追求し進歩してきた画像システムであるが,高解像度化や低ノイズ化などの従来のアプローチでは,画質を損なう要因であるジャギー(階段状のギザ)の根本的な解消は不可能である.そこで著者はジャギーの解消のため擬似的不規則画素配置を提案し,本稿ではこれまで不十分であった動画像における効果を主観評価実験に基づいて検証した結果を述べる.

For the purpose that human feels 'clear' when he see, image system has been developed. But it is impossible to eliminate the jaggies in traditional approaches, for example increasing resolutions and reducing noise. So the author proposes the image systems with pseudorandom pixel placement, and discusses about the jaggy elimination effect in moving pictures which was insufficient, based on subjective experiments.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 36(13), 33-36, 2012-02-28

    一般社団法人映像情報メディア学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009437844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426893
  • NDL 記事登録ID
    023572539
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ