マルチコア・メニーコア混在型計算機における演算コア側資源管理の代行方式 Remote Resource Management on a Hybrid Operating System for a Multi/Many-core Parallel Computer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では,マルチコア・メニーコア混在型計算機において,マルチコアプロセッサ上の管理 OS が,メニーコアプロセッサ上の演算 OS の機能を代行することで,演算 OS を軽量化して並列スレッドプログラムの実行制御に専念させるシステムソフトウェアを提案している.これまでに提案した I/O 管理の代行方式に加え,演算 OS におけるプロセス管理やメモリ管理の機能を管理 OS が代行することにより,演算 OS をより軽量化して並列制御に専念させることを目指す.Intel Xeon X5690 プロセッサを用いて,本論文で提案したハイブリッド OS を試作し,演算プロセスの生成時間を評価した結果,110μsec 程度でプロセス生成が可能であることを確認した.This paper describes the design of an operating system to manage the hybrid computer system architecture with multi-core and many-core processors for Exa-scale computing. In this study, a host operating system on a multi-core processor performs some functions of a lightweight operating system (computing-OS) on a many-core processor. In particular, to ensure that computing-OS execution does not disturb the application program executed on the many-core processor, the functions such as process management, memory management, and I/O management are delegated to the host OS. To demonstrate this design, we made an prototype system equipped with a multi-core processor and a many-core processor using an Intel Xeon X5690 processors. The Linux and original computing-OS are loaded on to each processor and the overhead for creating the process for computing-OS from Linux process is at least 110 μsec.

収録刊行物

  • 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2012-HPC-134(7), 1-8, 2012-05-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009453401
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ