多重仮説に基づいた情景画像中文字認識の検討

この論文をさがす

著者

抄録

情景画像内における文字認識とは,カメラ等で撮影された環境画像中に存在する文字を検出し理解する処理のことである.文字検出における従来手法では,文字の持つ特徴を利用することで文字領域の特定を行うものが一般的であった.しかし,環境中に存在する文字は,非常に多種多様であり,その多様性が単一手法による文字検出・認識を難解なものとしている.そこで本論文ではそのような文字の多様性に対して,検出・認識手法の多様性をもって対処することを考える.具体的には,多重仮説という概念を取り入れ,複数の認識結果を得て,それらを多数決により統合する.実験により,単一手法のみのでは処理できない部分にも対処していることで提案手法の効果を確認した.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 111(317), 45-50, 2011-11-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466281
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023346822
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ