大規模手書き文字認識 : 欠損部補完に見る文字パターン分布

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,パターン空間における分布の様子を明らかにすることである.本稿では,822,714個の手書き数字パターンを用い,欠損文字補完を通してパターン分布の解明に取り組んだ.具体的には,学習パターン数を変化させた場合の補完形状や補完精度の変化等,定性的・定量的の両側面から観察を行なった.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 111(317), 99-104, 2011-11-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023347023
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ