母音の調音の方言差 : MRI画像による検討 (音声) Dialectal Differences in Vowel Articulation : Analyses of MRI Movies

この論文をさがす

著者

抄録

母音の無声化の機序の検討の目的で,東京方言話者1名と大阪方言話者2名の調音の異同につきMRI動画の矢状断画像を解析した。その結果,東京方言話者の発話では/ki/,/gi/の口蓋化が強く,母音/i/における開口が小さいことが観察された。これらの結果は先に報告したように,東京方言話者の/akite/,/akise/の/i/が規則的に無声化すること,喉頭横断画像において〃区間での被裂軟骨の外転がみられることとよく対応している.東京方言話者の母音無声化は発声,調音上の調節によってなされていると考えられる。

Articulatory differences between one Tokyo and two Osaka dialect speakers are examined with regard to the mechanism of vowel devoicing. Analyses of MRI movies suggested that the Tokyo speaker showed more palatalization for /ki/, /gi/ syllables, and less oral aperture between tongue and palate during /i/ compared to the Osaka speakers. These results are consistent with earlier reported results: i.e. 1) the vowel /i/ is devoiced in all the tokens of the /akite/ and /akise/ for the Tokyo speaker; and 2) arytenoids abduct during /i/ in the transversal images of MRI. The combined results of the two studies suggest how vowel devoicing is physically controlled for Tokyo speakers.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(322), 55-59, 2011-11-28

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466555
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023369785
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ