関東地方産ムラサキシジミの幼虫の頭幅 Head capsule width of larvae of Narathura japonica (Murray) (Lepidoptera, Lycaenidae) in Kanto, Central Japan

この論文をさがす

著者

抄録

東京都八王子市と茨城県南部で採集された2908匹のムラサキシジミ幼虫の頭幅を測定し,季節,寄主植物,産地による違いを比較した.1.頭幅は,季節,寄主植物,産地にかかわらず,0.3mm台,0.4-0.5mm台,0.7-0.8mm台,1.0-1.2mm台,1.7-1.9mm台をピークとした明瞭な5つのグループに分かれた.2.頭幅は低温期(晩春,晩秋)に大きく,高温期(7,8,9月)に小さくなった.3.茨城で採集された幼虫の頭幅の方が,八王子で採集された幼虫の頭幅よりも大きかった.4.寄主植物による違いは,季節や産地による違いほど明瞭ではなかった.5.齢ごとの頭幅の伸長率は,1.55〜1.60で,季節や寄主植物によって違いはなかった.6.ムラサキシジミの終齢数はこれまでほとんどの文献で4齢とされてきたが,本研究によって5齢であることが明らかになった.

Head capsule width of Narathura japonica (Murray) larvae collected from various host trees in Tokyo and Ibaraki were measured. The butterfly passes through five larval instar stages before pupation. Larvae collected in late spring and late autumn had larger head capsules than those collected in summer and early autumn. Moreover, Ibaraki larvae have larger heads than Tokyo larvae.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 63(2), 94-105, 2012-06-20

    日本鱗翅学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009470887
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    023852224
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ