英国の公共図書館行政における地方審問制度 : Wirralにおける審問の事例をもとに Local Inquiry System for Public Library Administration in UK : A Case of Local Inquiry in Wirral

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

英国の自治体Wirralの公共図書館閉館問題に対し,2009年に,1964年公共図書館・博物館法に基づく中央政府の審問が実施された。本研究では,審問の過程を検証し,審問の制度の意義と課題について考察した。その結果,Wirralにおいては,審問によって図書館閉館の決定を撤回させることができ,緊急事態への対応という点で,一定の効果があったことが明らかとなった。同時に,課題として,第一に,審問は政治を超えた安定的制度ではないこと,第二に,問題を大臣に通報するにはロビー活動によるしかないことから,通報にあたっての市民の時間,労力,金銭的負担が大きいこと,第三に,適正な審問が実施できるかどうかは審問官個人の力量に左右される可能性があること,第四に,定期的なモニタリング等によって継続的に中央政府が介入しない限り,問題点を是正するという効果を持続させることはできないことを指摘した。

In 2009, a local inquiry into Wirral Metropolitan Borough Council was conducted by the UK government on the basis of the Public Libraries and Museums Act 1964. The purpose of this study is to examine the inquiry process and clarify the value and problems of this institution. The result of the study revealed that, as a consequence of the inquiry, Wirral MBC withdrew its decision over the closure of libraries, and it can be said that the central government effectively handled the emergency in Wirral by utilizing the institution of the local inquiry. Moreover, the inquiry was found to have the following shortcomings: first, the institution was not stable enough to transcend politics; second, citizens did not have other alternatives but to lobby the Secretary of the State for notifying about the breach of the law, which possibly placed enormous burden on them in terms of time, effort and financial cost; third, the appropriateness of the inquiry depended majorly on the inspector's capability; fourth, the effectiveness of correction of the breach of the law cannot be sustained unless the central government State monitors the performance of the authorities on a regular basis.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 58(2), 83-96, 2012

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009479378
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    023789669
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ