匂いイメージングセンサ用匂い検知フィルムの開発 (MEとバイオサイバネティックス) Development of odor sensing film for odor imaging sensor

この論文をさがす

著者

抄録

近年,悪臭公害やガス爆発,中毒などの問題解決のため,匂いの質や量を客観的に評価できる方法が求められている.また,それらの有害な匂いを検知して追跡し,その源の特定を行い根本から除去する必要がある.本研究では,蛍光色素をプローブとした匂い検出を試みた.まず,溶液系における蛍光分析を行ったところ,蛍光分子と匂い分子の相互作用による蛍光変化から匂いの検出が可能であった.次に,匂いガスの検出を行うため,蛍光色素をシート状にした匂い検知フィルムを開発し,CCDカメラによる画像撮影を用いた検出系の研究を行った.この研究により,匂いガスの検知が可能となり,また匂いの形状や匂いの広がり,濃度分布の検知も可能とした.

In recent years, a way to objective evaluation of the quality and quantity of the odor is required to resolve issues such as odor nuisance, gas explosions and poisoning gas. It is also required to detect and track their-harmful odors, and remove their sources radically. In this study, we tried to measure odor materials by fluorescent quenching. Furthermore, we developed odor sensing film using fluorescence dyes and the odor gas detection system using the film and CCD camera. The system could detect gas odor and visualize shape, spread and concentration distribution of odor.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(423), 13-18, 2012-01-27

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009480971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023424315
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ