携帯電話からのメール転送の即時性に関する調査報告 (情報ネットワーク) A Survey on Immediacy of Mail Transfers from Mobile-phones

この論文をさがす

著者

    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 磯村 学 Isomura Manabu
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 朱 瑋 [他] Zhu Wei
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

2011年3月11日の東日本大震災では,電話サービスは70〜95%の発信規制を実施し,満足なサービス提供ができなかった.しかし,パケットトラヒック増は比較的軽微であったことを踏まえ,大手携帯通信会社は音声伝言付きメールを共通仕様化することとなった.一方,震災時のメール転送時間の遅れが深刻であることが判明したことも今回の震災の教訓である.本稿では,携帯電話のメール転送戦略を分析することを目標とする.このため, 1基地局内から5分程度の間に数十人規模が各携帯電話会社にメールを出すことにより実際に転送時間を測定した.ここで,メール転送戦略の輻輳時の挙動を再現するため,メールの送信先サーバには, SPAMメール対策として用いられるグレイリスティングを実装し,許可リストに送信メールサーバのIPアドレスが登録されていないと携帯電話会社からの受信を一旦拒否するように設定した.実験結果には,長周期のメール一斉再送戦略が観測された.この戦略では,一旦輻輳が起こると,長周期で脈動が生じ,なかなか輻輳回避ができない.このため,緊急連絡用の即時性を要求された場合,十分な性能を満足できず,ライフラインとしては未だ脆弱であることが分かった.

At the Tohoku Earthquake on 11 March 2011, mobile carriers applied originator regurations from 70% to 90% to their phone services, and could not provide sufficient qualities of services to their users. Considering the less traffic increase of packet communications observed, mobile carriers decided to make a common specification for voice mail exchanges. This quake also showed the large e-mail transfer latency. This paper aims to show the real mail transfer strategies adopted by mobile carriers. To analyze the mail strategies, maillogs are collected, letting tens of mobile phone users in a cell send e-mails within 5 minutes to a target mail server, which uses greylisting to reject any email from a sender for a while. Large periods of salvo retransmission strategies are observed, which will lead to a pulsation effect to e-mail traffic for a long time and make difficult an earlier recovery from the congestions. Thus from the point of lifeline service, the current e-mail services are vulnerable to satisfy the immediacy of mail transfers.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(409), 29-34, 2012-01-26

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009481023
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023423111
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ