鈍感な粒子群最適化と複数解問題 Insensitive Particle Swarm Optimizers and Multi-solution Problems

この論文をさがす

著者

    • 丸山 一紀 MARUYAMA Kazuki
    • 法政大学 理工学部 電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering, Department of Electrical and Electronics Engineering, Hosei University
    • 佐野 亮介 SANO Ryosuke
    • 法政大学 理工学部 電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering, Department of Electrical and Electronics Engineering, Hosei University
    • 斎藤 利通 SAITO Toshimichi
    • 法政大学 理工学部 電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering, Department of Electrical and Electronics Engineering, Hosei University

抄録

本論文では、複数解問題を対象とする新しい粒子群最適化法を提案する。同アルゴリズムは確定的であり乱数パラメータなどの不確定要素を含まない。各粒子の動作は探索空間上の格子点に制限され、複数の粒子が同一格子点あるいはその近傍に存在する時、粒子間に衝突が生じうる。また、アルゴリズムは鈍感パラメータを含み、グローバルベスト又はローカルベストの更新に遅れが生じる。この衝突や鈍感さは、粒子群の探索範囲の拡大や局所解からの脱出を狙ったものである。基本的な力学系の複数不動点探索問題に適用し、アルゴリズムの効果を検討する。

This paper presents a novel particle swarm optimizer for multi-solution problems. The algorithm has several characteristics. First, the system is deterministic and no stochastic parameters are included. Second, the particles in ring topology can move on discrete search space and inter-particles collision can occur. Third, the system includes an insensitive parameter that makes delay for update of local best. The collision and insensitive parameter can be effective to make a swarm diversity to avoid trapping into one solution or local minimum. Applying the algorithm to finding multi-fixed point of a typical dynamical system, the algorithm efficiency is investigated.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 111(395), 47-50, 2012-01-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009481355
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060800
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023422714
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ