省電力大規模エッジルータに向けた技術開発 : NEDOプロジェクト「次世代高効率ネットワークデバイス技術開発」成果 (インターネットアーキテクチャ) Technology Developments for Energy Efficient Large Scale Edge Router : NEDO Project on "Next-generation High-efficiency Network Device"

この論文をさがす

著者

抄録

インターネット上での通信量の急速な増加に対応するため、ネットワーク機器内においてレーン当り20Gbpsを越える高速信号伝送が不可欠となっている。本研究では、ネットワーク機器の代表例としてエッジルータに着目し、省エネルギー化が期待できる光バックプレーン技術をデバイスレベルからシステムレベルに亙って研究開発してきた。この結果、光バックプレーンに適用可能な超小型トランシーバとデバイス技術、ルータ適用モデル、大規模ルータを実現するスケーラブル化、高速光信号評価装置に関する基本技術を開発したので報告する。

To meet the coming demands in explosive increase in data traffic in Internet, high speed signal communications beyond 20Gbps are required for network equipments. We have focused on future carrier-class edge routers, and have developed optical backplane technologies applicable to the router ranging from component level to system level. Technology achievements including compact 100 Gbps transceiver, related device technologies, application model, scalable technology, and high speed signal measurement system are introduced in this paper.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(444), 25-27, 2012-02-23

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009481719
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11553608
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023493657
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ