3者間共食コミュニケーションにおける発話と食事行動の関係 Study of relationship between speech and dining behavior in triadic table talk

この論文をさがす

著者

    • 大武 美香 OTAKE Mika
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba

抄録

複数人で食事をしているとき、発話と食事行動がどのように構成されているかは知られていない。これは、食事場面では参加者間の会話量の差が少なくなり平準化されるが、これがどのように現れるのかが知られていないので、興味深い問いである。我々は、参加者個人内の発話と食事行動が時系列的にどのような関係にあるかを調べた。分析の結果、1)摂食行動は発話終了直後に多く観察された、2)発話中に食べる準備をしている、3)食事行動は発話中、抑制されていることが分かった。

How speech and dining behavior are organized during dining has not been known. This is an interesting question because equalization of speech between participants emerges in triadic table talk but how this emerges has not been known yet. The answer to this question may contribute to unfold the equalization dynamics. We investigated time-series relationship between speech and dining behavior within individual participant in this paper. We found that 1) eating behavior most occurs right after the end of speech, 2) preparation for eating behavior often begins during speech, 3) dining behavior is suppressed during speech.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 111(393), 33-36, 2012-01-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009482248
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023423379
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ