ライブセルイメージのための雑音除去

この論文をさがす

著者

抄録

顕微鏡およびイメージング技術の発達により,細胞内の様々な現象を動画像(ライブセルイメージ)として観察できるようになった.これらの画像は生命現象の根源を捉えたものであり,そこで起きている物質動態の観察や解析を行うことで様々な病気のメカニズムの解明が期待される.一方,ライブセルイメージに対する画像情報処理技術はまだまだ発展途上であり,物質動態の解析については生物学研究者の目視や手作業で行われている.このような負担を軽減するため,本稿では細胞内における物質動態解析の自動化を目標とし,その第一歩として蛍光観察されるタンパク質分子(APP-GFP)の自動検出を試みた.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 111(430), 91-96, 2012-02-02

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009482340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023493725
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ