日本におけるワーキングプア問題と社会的排除--連合・連合総研ワーキングプア調査から (特集 労働における差別と排除) The Working Poor and social exclusion in Japan: an examination by Rengo and Rengo-Rials

この論文をさがす

著者

抄録

2009年、連合と連合総研は、深刻化するワーキングプア問題の解決をめざしてワーキングプア調査チームを組織し、実態調査を行った。それにより、以下の結論を得た。ワーキングプアの15歳のころの生活状況を調べると、貧困と不安定な家庭環境のもとで、家族とのつながりの希薄化、学校社会への中途半端な接合、低学歴に追いやられ、「社会化」が十分に達成できていない者が多くいた。また、労働世界におけるワーキングプアの仕事の周縁性や雇用の不安定さは、職場への接合の不確かさをもたらしている。その結果、職場組織だけでなく、家族、友人・知人、地域社会などとのつながりの希薄化がみられ、場合によっては精神疾患を患う者もいた。さらに、継続雇用と一時的失業を前提に設計された雇用保険などの社会保障制度から多くのワーキングプアが排除されている。同時に、これらの排除状況に対して、自らの思いや要求を発言する機会や場そのものが奪われていることもわかった。これらのことから、ワーキングプア問題は、子ども期の貧困と社会からの排除と深く結び付いていることが導き出された。また、この問題は、日本社会のメインストリームを形成している企業社会の論理やそれを前提とした社会保障制度からの排除と深く結び付いていることもわかった。すなわち、ワーキングプア問題は、日本の社会のあり方、とりわけ労働における差別と排除の最も深刻な問題であるといえよう。

In 2009, RENGO and RENGO-RIALS organized a research team on the Working Poor in seeking a solution to the problem, and carried out a survey. The conclusions are described below. Examining the living conditions for 15-year-olds living in poverty and a precarious family environment, many Working Poor have been relegated to diluted family ties, school/employment imbalance, and the less educated, so that they have not achieved enough "Socialization". The marginality of their jobs and the precariousness of their employment have led to uncertainty in the workplace. Consequently, the strength of the connection to workplace organizations, family, friends, acquaintances, and local communities are also diluted, in some cases among those who were suffering from mental illness. Further, many Working Poor are excluded from the social security system such as unemployment insurance, which was designed for continued employment and temporary unemployment. At the same time, we observed that they have been robbed of the opportunity to describe their thoughts and requests. These results suggest that the problems of the Working Poor are closely related to poverty and social exclusion from childhood, exclusion from the logic of the business community as the foundation of mainstream of Japanese society, and social security as premises for that logic. In other words, we demonstrated that this problem is the most serious problem of discrimination and exclusion within Japanese society, in particular that of working society.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学

    フォーラム現代社会学 10, 62-75, 2011

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009486247
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    13474057
  • NDL 記事登録ID
    11202710
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ