動物は笑うか? : 動物に笑いを認める場合の基準

この論文にアクセスする

著者

抄録

動物の「笑い」に関するさまざまな記述を整理しながら、動物の行動を「笑い」と認める場合の基準について議論した。ある動物が「笑っている」ということを認めるためにはまず、その行動が生じる社会的文脈が、ヒトの笑いが生じる文脈と似ているということを示す必要がある。表情や音声などの行動形態の類似から、動物が「笑っているようだ」と思ってしまう例も多いが、それが見られる文脈にヒトの笑いとの類似性が認められない場合には、それを「笑い」と見なすべきではない。ヒトの笑いと進化的に同じ起源を持つ行動なのかどうかを問う場合には、行動の類似性だけでなく、種間の系統関係との対応についても検討する必要がある。ヒトの笑いと起源が同じと考えられる行動としては、仲間同士の遊びにおける類人猿の笑い声が挙げられる。

収録刊行物

  • 笑い学研究

    笑い学研究 19(0), 46-55, 2012

    日本笑い学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009489108
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ