博物館資料情報のLinkedOpenData化へ向けたモデル試作―花園大学歴史博物館資料を題材に― Trial manufacture of the system with museum document information as LinkedOpenData - About Hanazono University history Museum document―

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

博物館をはじめとする MALUI 施設に関する資料情報の共有化は、文化資源の長期的な保存と活用にとって、重要な課題となっている。その中で Linked Open Data は、近年大きく注目される手法となっている。そこで、本発表では、花園大学歴史博物館の資料情報を材料に、より簡易な資料情報のデジタル化と LinkedData 化の意義を考えなおし、博物館施設における資料情報の管理手法に関して議論の材料を提案したい。The document information sharing about the MALUI facilities including the museum becomes the important problem. Linked Open Data becomes in particular the technique to greatly attract attention. Therefore, in this report, digitization and LinkedData of the document information that is simpler to materials in document information of the Hanazono University historical Museum reconsider significance of making it it. And I want to suggest the materials of the argument about management technique of the document information in museum facilities.

収録刊行物

  • 研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2013-CH-97(5), 1-6, 2013-01-18

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009514619
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1010060X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ