拓本文字データベースの現状と課題 Character Database of Digital Rubbings: Its Progress and Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

2004 年 8 月に開発を始めた拓本文字データベースは, 8 年の開発期間の後,漢代~中華民国初期の拓本から 180 万文字を切り出した,巨大な文字画像データベースへと発展した。しかし,巨大化した結果,さまざまな問題も発生している。本報告では,その現状と今後の展望について述べる。The author has been developing Character Database of Digital Rubbings since August 2004. Now it consists of 5,000 rubbings and includes 1,800,000 character images from Han Dynasty to Xinhai Revolution. Such gigantic image database has its own difficulty to manage. In this report the author reveals the problems on the database and shows the way to control it.

収録刊行物

  • 研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2013-CH-97(11), 1-6, 2013-01-18

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009514625
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1010060X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ