多段階発癌仮説に基づく放射線発癌危険度の曝露・時間依存性に関する数理的考察

この論文をさがす

著者

抄録

多段階発癌モデルは,StocksやArmitage and Dollらにより癌死亡の年齢・曝露依存性を説明するために定式化が行われた1),2).その後,同モデルは<Oh>Ohtakiらにより時間や年齢に関して非定常な曝露状況にも対応できるように拡張された3),4).2000年前後になってPierceらにより付加的曝露が一点曝露である場合についてのモデルが整備され原爆被爆者のコホート研究(LSS)のデータについて詳しい解析が行われるようになった5),6),7).その一方,これまでの多段階発癌モデルでは,原爆被爆者の固形癌の罹患が被爆時から20年以上の時間経過を要することについて説明ができなかった8).本論文では,この問題に対処するために,「多段階発癌過程の前半の2個の変異のみが曝露感受性を持ち,それ以降の変異は曝露に影響されない」という2相多段階発癌仮説を設定し,モデルの拡張を行い,原爆被爆者コホートデータに適用し,固形癌による死亡危険度の線量・時間依存性について検討する.

収録刊行物

  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi   [巻号一覧]

    長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(特集), 170-175, 2012-09-25  [この号の目次]

    長崎大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009517167
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00275753
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03693228
  • NDL 記事登録ID
    024179854
  • NDL 請求記号
    Z19-185
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ