微分方程式に対する構造保存数値解法(サーベイ,<特集>科学技術計算と数値解析研究部会) Structure-Preserving Numerical Methods for Differential Equations(Survey,<Special Topics>Activity Group "Scientific Computation and Numerical Analysis")

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松尾 宇泰 Matsuo Takayasu
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 宮武 勇登 Miyatake Yuto
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

微分方程式の数値解法のうち,微分方程式が持つ何らかの構造を離散系でも再現する特殊な数値解法のことを「構造保存数値解法」と呼ぶ.構造保存数値解法は,1980年代に常微分方程式系に対し提唱されてから長足の進歩を遂げ,最近では偏微分方程式系に対しても研究が進んでいる.本サーベイでは,これらの基礎と最近の進展について概説する.

"Structure-preserving numerical methods" for differential equations are such special methods that preserve certain structures in differential equations. Since the concept had been raised in 1980's for ordinary differential equations, the subject has been extensively studied, and now the related studies have spreaded also to partial differential equations. In this survey, the elements of such methods are outlined, and some recent progresses are briefly described.

収録刊行物

  • 日本応用数理学会論文誌

    日本応用数理学会論文誌 22(3), 213-251, 2012

    一般社団法人 日本応用数理学会

参考文献:  49件中 1-49件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009518460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10367166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09172246
  • NDL 記事登録ID
    024019027
  • NDL 請求記号
    Z15-727
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ