海中音響通信における移動速度推定手法に基づくチャネル利用効率最大化手法とその評価 Optimization of Channel Efficiency Based on Moving Speed Prediction for Underwater Acoustic Communication

この論文をさがす

著者

    • 上田 北斗 UEDA Hokuto
    • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

近年,海中の環境データを収集するためのUnderwater Sensor Networkが注目されている.Underwater Sensor Networkでは主に音波による通信が用いられるが,海中音響通信においては音波の伝搬遅延が大きいことにより自動再送制御(ARQ)に要する待ち時間が増大し,その結果チャネル利用効率が低下してしまう.本稿では,1対1の海中音響通信モデルにおいて,フレームの受信時刻間隔から送受信ノードの移動速度を算出し,それをもとに将来のACK受信時刻を推測することで送信に利用できない待ち時間を削減し,チャネル利用効率を最大化するデータ リンク・プロトコルを提案し,シミュレーションによりその有効性を評価した.

There is an increasing demand of the realization of an Underwater Sensor Network that collects environmental monitoring data in the ocean. Acoustic communication is mainly used as a medium for Underwater Sensor Network. However, large propagation delay of sound incurs the increase of the waiting time in Automatic Repeat reQuest (ARQ) and results in the low channel utilization rate. In this paper, we propose a data link protocol that maximizes the channel efficiency of one sender and one receiver in USN. In the proposed method, the sender minimizes the unnecessary waiting time between data frames by predicting the next ACK reception time from the node velocity estimated by frame reception intervals.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 111(469), 253-258, 2012-03-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009545496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023576915
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ