Named Data Networking におけるコンテンツ管理アプリケーションの評価 An Application of Content Management on Named Data Networking

この論文をさがす

著者

    • 楠 慶 KUSUNOKI Kei
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

大規模コンテンツ配信を指向したNamed Data Networking(NDN)は,P2Pネットワークと同様にネットワーク全体にコンテンツが分散するため,不正コンテンツの削除などのコンテンツ管理が難しいという問題がある.そのため,本稿では,法的責任など何らかの責任を持つSupervisorが流通するコンテンツを管理できるよう,ユーザがSupervisorに不正コンテンツの削除をリクエストし,そのリクエストが正しく承認された後に,さらにネットワーク全体にその削除リクエストを拡散させる公開鍵基盤による2-wayコンテンツ管理システムを設計した.次に,信用できないNDN routerが存在する場合にもコンテンツの削除を実現するため,Secret Sharingに基づくコンテンツ管理手法を提案し,セキュリティ面での考察をする.

Named Data Networking (NDN) designed for a large scale content distribution has a similar problem like P2P, i.e. difficulty to manage its distributed contents such as deleting illegal contents. This paper presents a design of PKI-based 2-way content management system where a user sends a deletion request to the supervisor with legal responsibility, and it can be distributed in the whole network after the supervisor's acknowledgment. The extension of this content management based on secret sharing is designed and investigated on its security loopholes.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 111(469), 275-280, 2012-03-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009545500
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023577062
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ