視覚・体性感覚刺激と運動意図が事象関連脱同期に与える影響 Effect of Visual Stimulus, FES and Motor Imagery on ERD/ERS

この論文をさがす

著者

抄録

脳卒中片麻痺患者の運動リハビリテーションでは,自発的な運動意図に同期した体性感覚をフィードバックすることが脳の神経可塑性を促進するために重要であると考えられており,近年,BCI型リハビリテーション手法の研究が盛んに行われている.特に脳波から運動意図を識別する場合には運動や運動想起により生じる事象関連脱同期(ERD)が利用されることが多いが,ERDの発現は運動の観察や機能的電気刺激によっても影響を受けることからその発現機序は未解明である.そこで本研究では,ERDの発現に作用する要因として考えられる視覚・体性感覚,運動イメージの3つに着目し,各要因を組み合わせた条件下でERDの発現を体系的に調べることによりその相互関係について明らかにすることを試みた.

According to recent neurorehabilitation research, an appropriate re-afferent sensory feedback synchronized with a voluntary motor intention would be effective for promoting neural plasticity in stroke rehabilitation. Due to this, a BCI-based neurorehabilitation is considered to be a promising approach. To detect the motor intention, an event-related desynchronization (ERD), which can be evoked by intrinsic motor imagery is usually used. However there exist various factors that affect ERD production, and its neural mechanism is still open question. In this study, we evaluate mutual effects of extrinsic (visual and somatosensory stimuli) and intrinsic (spontaneous motor imagery) factors on ERD production. Experimental results indicate that these three factors are complicatedly interacting with each other and probably affect our sense of agency.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 111(482), 71-76, 2012-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009546186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023575426
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ