遠隔2者間共食コミュニケーションにおける食事映像の有無の効果 The effect of the appearance of meal in dyadic video-mediated table talk

この論文をさがす

著者

    • 古川 大智 FURUKAWA Daichi
    • 筑波大学大学院情報学群情報メディア創成学類 College of Media Arts, Science and Technology, School of informatics, University of Tsukuba
    • 井上 智雄 INOUE Tomoo
    • 筑波大学図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba

抄録

本研究は、映像による遠隔2者間共食場面において食事映像の有無が食事中のコミュニケーション行動に与える影響を明らかにするために、食事映像有り条件と食事映像無し条件という2条件での遠隔共食場面の映像をもとに発話行動、視線方向に着目し分析を行った。その結果、食事映像無し条件では食事映像有り条件に比べて発話と沈黙の頻度が多く、平均沈黙長が短いことが確認された。さらに、食事映像無し条件において参加者同士が発話をほぼ同時に開始してしまう同時発話が多く観察された。

We analyzed the communication in two conditions of meal in dyadic video-mediated table talk focusing on speech and line .of sight for discover the effect of the appearance of meal. As a result, it turned out that the frequency of speech and silence in without-appearance-of-meal condition is higher than the frequency of speech and silence in with-appearance-of-meal condition, and the average length of silence in without-appearance-of-meal is shorter than the average length of silence in with-appearance-of-meal condition.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 111(464), 67-72, 2012-02-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009546445
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023569556
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ