直感的ポリシー設定を可能にする動的な資源隔離機構 SURIM:Simple and Usable Resource Isolation Mode

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

インターネットを経由した情報漏洩やマルウェア感染の被害が後を絶たない.その被害者は,PCやモバイルプラットフォームを使ってインターネットを利用している一般のユーザーである.彼らに対してアクセス制御技術の学習を求めたり,インターネット経由で入手したプログラムの動作を想定させることは現実的ではない.本研究では,ユーザーが直感的にプログラムとデータを隔離できるセキュリティモデルと,動的にそれを実施する動的な資源隔離機構を提案する.提案手法により,ユーザーが直感的にアクセス制御が連想できるプライバシーレベルを用いたポリシー設定をおこなうことが可能となる.さらに,動的な資源隔離機構がセキュリティモデルに沿った適切な隔離を実施し,情報流出やシステムの改ざんを防ぐ.提案手法に基づき,我々はOSによる動的な資源隔離機構SURIM(Simple and Usable Resource Isolation Mode)を設計し,実装をおこなった.Desktop computer and modern mobile platforms are offen invaded by malware or attackers. These Devices widely spread around the world. Also many consumer are confronting various incident. Information leakages, system hijacking and more.You must attend lecture in access control and malware analysis to use the internet - its an impractical idea. In this paper, we propose usable security policy model against threat of potential of information leakage and system invasion over come the internet with dynamic resource isolation mechanism. Our approach be able to user-intended security configuration using privacy-level and domain name. We developed Simple and Usable Resource Isolation Mode(SURIM) based on this policy model and mechanism.

収録刊行物

  • 研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)

    研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 2013-OS-124(9), 1-7, 2013-02-21

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009550190
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ