『保全生態学研究』の掲載論文に見られる研究対象の偏り Research object biases in Japanese Journal of Conservation Ecology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

保全生態学は生物多様性の保全および健全な生態系の維持の実現への寄与をめざす生態学の応用分野であり、保全活動に大きな貢献をすることが期待されている。この目標を実現するためには、保全生態学研究が保全活動の要請に見合って適切に行われている必要がある。そこで日本における保全生態学の研究動向を把握する一つの試みとして、1996年から発行されている代表的な保全研究・情報誌である『保全生態学研究』(発行元:日本生態学会)に掲載された論文のメタ解析を行った。その結果、近年になって論文数は増加し著者も多様化している一方で、研究者は自分の所在地から近い場所で研究を行う傾向があり、研究対象地は関東地方と近畿地方に集中していること、研究対象種は植物・哺乳類・魚類が多く、昆虫や他の無脊椎動物が少ないといった偏りがあることが明らかになった。この結果をもとに、応用科学としての保全生態学のあり方と今後の課題について考察した。

Conservation ecology is an applied area of ecology aimed at conserving biodiversity and maintaining sound ecosystems, and the discipline is expected to contribute to conservation activities. For this purpose, research in conservation ecology should be properly conducted to support such activities. To understand the current features of research in conservation ecology in Japan, we conducted a meta-analysis of papers published in the Japanese Journal of Conservation Ecology, which has been issued by the Ecological Society of Japan since 1996. The number of papers published in this journal has been increasing, and the authors of these papers have diversified since the first issue. However, certain biases were found in the published studies that were published: researchers tended to carry out studies close to the research institute to which they belonged, and they tended to study plants, mammals, and fish more often than insects and other invertebrates. We present these results and discuss problems that should be resolved in the future to improve research in conservation ecology in Japan.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 17(2), 199-210, 2012

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009553304
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13424327
  • NDL 記事登録ID
    024731661
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ