ネットワーク時代における社会学教科書の可能性(<特集I>Teaching Sociology : 社会学テキストをめぐって) The Possibility of Sociology Textbooks in the Network Age(<Special Section I>Teaching Sociology : On Sociology Textbooks)

この論文をさがす

著者

抄録

社会学者は「よい教科書を書くこと」を自らのベルーフとして重視すべきである。もっとポジティブに考えてよいのではないか、社会学入門教科書こはパターンがある。教科書には、社会学特有のクリーシェが含まれている。これらのクリーシェが描く社会学像のイデオロギー性を自覚しよう。しかし、それはイデオロギーであると同時に、結果的にディシプリンの提示にもなっている。高度な理論ではなく、社会学の現場理論(業界理論)の水準においてではあるが。問題なのはディシプリンとしての弱さだと思う。書く立場・編集する立場から教科書作成の作法について考えると、エートスの問題、社会学の範囲設定の問題などがある。ネットワーク時代になって、インターネットでの教科書的コンテンツ公開の必要が出てきている。そろそろ組織的な対応が必要ではないだろうか。

Sociologists must work as "Beruf" to write a good textbook. A more positive outlook must be taken. There are many patterns in the textbooks of sociology for beginners. They contain cliches peculiar to sociology. These cliches describe the ideology of sociology, but must yet be reflected. These cliches describe the discipline of sociology as a result, not as advanced sociological theory, but as a type of on-the-job sociological theory. Sociology, as a discipline, is in a vulnerable state. From the viewpoint of the writer and editor, there are also the problems of "Ethos" when writing textbooks, and of setting the boundaries of sociology, and so on. I think that it is necessary to construct and make accessible sociological textbooks on the web, especially in the form of organized production.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学  

    フォーラム現代社会学 (2), 6-13, 2003-05-24 

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009564740
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    13474057
  • NDL 記事登録ID
    6629589
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ