対面コミュニケーションにおける相互行為的視点 : ジェスチャー・視線・発話の協調 Interactive viewpoint in face-to-face interactions : coordination of gesture, gaze and speech

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坊農 真弓 BONO Mayumi
    • 神戸大学大学院:ATRメディア情報科学研究所 Graduate School of Kobe University, Telecommunications:ATR Media Information Science Laboratories

抄録

本稿では,自然な会話データにおけるジェスチャーと視線配布の分析に基づいて,対面コミュニケーションにおいて表現主体が所持する視点(viewpoint)について検討を行う.対面コミュニケーションにおいては,表現主体が対象に志向する叙述的視点(descriptive viewpoint)に加えて,表現主体が聞き手に志向する相互行為的視点(interactive viewpoint)が存在することを主張する.対面会話のビデオ収録データに基づいてジェスチャーと視線配布との関係の定性的分析(分析1)および定量的分析(分析2)を行った.その結果,(1)表現主体はジェスチャー開始前にジェスチャー空間に向けて視線配布を開始すること,(2)発話終了直前に聞き手に向けた視線配布を開始すること,(3)聞き手は表現主体による視線配布に対応してうなずき等の応答を行うことが確認された.この結果は,自然な対面コミュニケーションにおいては,叙述的視点と相互行為的視点との交替が起っていることを示している.

This paper discusses speaker viewpoints in face-to-face interactions. A new type of viewpoint, interactive viewpoint, is proposed to supplement the descriptive viewpoint identified by McNeill (1992) to capture spontaneous gestures. Qualitative and quantitative analyses of speech, gestures and gaze directions in videotaped spontaneous conversations revealed that (1) actual gesticulations were preceded by the speakers' gaze shift toward the gesture space, (2) speakers' gaze moved away toward listeners before the end of their speech, and (3) listeners supplied back channels in response to the speakers' gaze shift toward them. These results indicate the importance of considering interactive viewpoint in addition to descriptive viewpoint in order to interpret verbal and non-verbal behaviors in face-to-face interactions.

収録刊行物

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009570067
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11510423
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13443909
  • NDL 記事登録ID
    7737455
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-B985
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ