今後の難病対策への提言 Personal proposals toward political management of intractable disease patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金澤 一郎 Kanazawa Ichiro
    • 東京大学名誉教授・厚生労働省難病対策委員会主査 Prof. Emeritus, University of Tokyo; Chief of the Committee for "The Management of Intractable Diseases" of The Ministry of Health and Welfare

抄録

長年にわたり難病医療や研究事業に携わってきた神経内科医としての立場から,日本における難病対策の歴史や経緯について振り返るとともに,今日の現場や行政における課題,今後の施策と治療研究事業のあり方について述べる.

History and development of Japanese health policy for patients with rare / intractable diseases ("Nan-byo") is described to the details as a long engaged neurologist. Further, current issues and challenges are proposed for future administrative policy and research development on rare / intractable diseases in Japan.

収録刊行物

  • 保健医療科学

    保健医療科学 60(2), 84-88, 2011-04

    国立保健医療科学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009587655
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11751510
  • 本文言語コード
    JPN/ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    13476459
  • NDL 記事登録ID
    11157939
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-152
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ