キャッシュポリシの動的変更による分散ファイルシステムのメタデータサーバー負荷低減手法  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

スケーラブルなストレージを実現する分散ファイルシステムであるが,その構造上,メタデータを管理するメタデータサーバに処理が集中するという問題がある.この問題を回避するために、クライアント側でメタデータのキャッシュを保持する手法が広く用いられている.この手法を適用する場合には,クライアントの保持するキャッシュの一貫性を保証する必要があり,その一貫性制御手法として,サーバが主体となる手法とクライアントが主体となる手法の 2 つが存在する.しかし,どちらの手法においても,一貫性を保証するための制御メッセージのために,システムの性能が低下してしまうようなアクセス状況が存在する.そこで,メタデータへのアクセス状況に応じて,ファイルごとにキャッシュポリシを動的に設定・変更する手法を提案する.提案手法により,各キャッシュポリシで発生する制御メッセージを抑制し,メタデータサーバの負荷を軽減できることを確認した.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2013-OS-126(3), 1-9, 2013-07-24

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009587984
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10444176
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top