RDMAスケジューリングによるMPI通信の高速化  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,RDMA コマンド・スケジューラ Rsched の京 ToFu インターコネクトでの性能妥当性を示す.RSched は MPI 集団または永続通信の呼出しによって与えられる複数の通信要求に対し,複数の RDMA エンジンとネットワーク・リンクをもつインターコネクト上で,最適な RDMA コマンド列を生成する.評価にあたっては,実際の京の気象・気候アプリケーションからの袖通信パターンを使い,隣接 4 方向及び 8 方向の複合通信で比較用のスケジューリング・アルゴリズムの中で最も高速であることを確認した.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2013-HPC-140(17), 1-6, 2013-07-24

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009588137
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10463942
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top