クエリースケジューリングによる分散キーバリューストアの応答性能向上

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ネットワークの高速化やクラウドサービスの普及により,大規模なデータの管理に対する需要が増加している.単一の計算機で大規模なデータ管理をすることは,性能やコスト,拡張性に問題があるため,複数の計算機で分散してデータを管理することが提案されている.複数の計算機でデータを分散して管理するデータストアとして分散 Key Value Store(KVS) がある.分散 KVS はデータを Key と Value という単純な構造で管理するため,容易にスケールアウト可能であるという利点があり,大規模なデータを扱うサービスなどで注目を集めている.分散 KVS では,データの Key を指定することで対応する Value を取得する検索処理が可能である.また分散 KVS の実装によっては,Key の範囲を指定することによりその Key 間に属する Value を取得する検索処理が可能な実装もある.しかし,単一検索と範囲検索が混在する環境においては,高速に実行終了が可能な単一検索命令の実行が待たされてしまい,結果として平均応答時間が増加するという問題がある.そこで本研究では複数の検索クエリーをスケジューリングすることにより,データを要求するクエリーの平均応答時間を短縮させる手法を提案する.提案手法を分散 KVS の Cassandra 上に実装し,評価を行なった結果,クエリーのスケジューリングによる平均応答時間の短縮を確認した.

収録刊行物

  • 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2013-HPC-140(21), 1-7, 2013-07-24

    一般社団法人情報処理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009588141
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ