時差共食コミュニケーションシステムKIZUNAの開発 Development of KIZUNA system capable of time-shifted co-dining communication

この論文をさがす

著者

抄録

地理要因や生活要因などから同時に食卓を囲めない近親者同士が、擬似的に共食をすることができるビデオコミュニケーションシステムを開発した.

In this paper we propose a time-shifted co-dining system "KIZUNA". This system enables family members or close friends to enjoy a meal together even when they are apart and in a different time zone each other. The system records remote person's dining sessions and displays these sessions later on the local person when he/she starts eating and vice versa. Based on the diner's eating behavior, the system adapts the displayed remote recorded dining session's playback speed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 112(75), 85-90, 2012-05-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009588519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023811224
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ