頭頸部の体性感覚情報が水平面音像定位に及ぼす影響 Effect of Head-and-Neck Somatic Information in Horizontal Sound Localization

この論文をさがす

著者

抄録

頭頚部の体性感覚情報が水平面音像定位に及ぼす影響を明らかにするために,受聴者の頭部とダミーヘッドを静止させ収録した静的バイノーラル信号を用いた頭部静止条件,受聴者の自発的な頭部の回転運動でダミーヘッドを制御し収録した動的バイノーラル信号を用いた頭部運動条件,受聴者の頭部を静止させ自発的な手部の回転運動でダミーヘッドを制御し収録した動的バイノーラル信号を用いた手部運動条件の3条件で水平面の音像定位実験を行った.頭部静止条件の頭外定位正答率の9名の被験者における平均値は他の条件と比較して有意に低く,頭部運動条件と手部運動条件の頭外定位正答率の平均値には有意差がなかった.これより,手部でダミーヘッドを回転させ頭頸部の体性感覚情報がない場合も,被験者自身がダミーヘッドを回転させた動的な聴覚情報を用いると音像定位しやすくなることが分かった.すなわち,頭頸部の体性感覚情報は水平面音像定位に必ずしも影馨しないことが分かった.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 96(3), 630-635, 2013-03-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009593030
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12099634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL 記事登録ID
    024317480
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ