科学館向けエンタテイメントシステムにおける成績データを用いたユーザ解析 User analysis using the results data in the entertainment system for science museum

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,2012年7月21日〜9月2日に新潟県立自然科学館で開催された企画展「謎解きアドベンチャー失われた紋章」で使用したRFIDとデータベースサーバ,プロジェクションマッピングを用いた多人数が同時に参加できる科学クイズエンタテイメントシステムにおいて,サーバー側に記録されている体験者の成績データ群を分析し,体験者の傾向について報告をおこなう.従来の科学館向けエンタテイメントシステムの報告・調査では明らかにされてこなかった,体験者の科学理解の状況と紙メディアを使った具体的なフィードバック方法の提案をおこなう.

This article issues a case study about tendency of the experient in a science museum exhibition, "Science Quest" project which had been held in Niigata Science Museum from July 21, 2012 to September 2. The exhibition was physical human scale interactive system which uses science quiz, RFID and projection mapping to tell elemental science as a special exhibition in a summer holiday. Through a player analysis using post data from answered database of the experients, it reports a state of experients' science understanding and difficulty in vocal interaction devices. Then it proposes actual method using paper media for a better science understanding.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 37(17), 219-222, 2013-03-08

    一般社団法人映像情報メディア学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009598209
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426893
  • NDL 記事登録ID
    024389332
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ