歌唱者の異なる同一楽曲の検索に適した音楽指紋

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

楽曲信号の検索には,音楽指紋が用いられることが多い.音楽指紋とは,楽曲の特徴をとらえつつ,楽曲信号を非常に小さいビット列へと変換したものである.したがって,精度良く高速に楽曲検索を行うためには,適切な音楽指紋の設計が重要となる.本稿では,異なる歌唱者によって歌われた同じ伴奏の楽曲信号からデータベース中の原曲を検索する問題について議論する.この問題のためにいくつか異なる音楽指紋を比較し,それらの検索精度への影響について調査を行う.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2013-MUS-100(7), 1-6, 2013-08-24

    一般社団法人情報処理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009599036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ