グローバル時代のテレワーク (特集 グローバリゼーションとテレワーク) Telework in the Global Age

この論文をさがす

著者

抄録

世界規模でヒト、モノ、カネと情報が移動するグローバリゼーションが進む中では、ICTを利用した時間と場所に囚われない働き方であるテレワークの注目度は高まると考える。本論文では、まずグローバリゼーションがもたらす変化としてICTの進展と共に個人の働き方が世界規模で可能になること(例えば超分業など)を述べる。また、文献からグローバル環境ではネットワーク型経営(海外子会社やパートナーとネットワークで結びついた経営形態など)が基本であることを述べる。次に、ICTの進展が及ぼすテレワークへの影響を述べ、クラウドソーシングを含む超分業とテレワークの関係、ネットワーク型経営とテレワークの関係、そしてグローバル人材能力とテレワークとの関係について論じる。最後に、グローバル環境においてテレワークが益々重要となることに触れ、グローバリゼーションにおけるテレワークの新たな研究分野について述べる。

As the globalization progresses, people, goods, capital and information move around the world freely. In this globalization age, ICT-based work style, telework, will get more attention. At first, this paper discusses the worldwide change caused by the advancement in ICT, such as hyper-specialization with which people can work globally without moving around. Also, from existing literature, it discusses that network-based management style, such as overseas subsidiaries and/or global partners, is fundamental in the globalization. Next, the effect of the advancement of ICT on telework is described, and then relationships between telework and various factors such as hyper-specialization including crowdsourcing, network-based management, and global human resource, are discussed. Finally, the increasing importance of telework in global environment is mentioned followed by a new telework research area on globalization.

収録刊行物

  • 日本テレワーク学会誌

    日本テレワーク学会誌 11(1), 6-14, 2013-04

    日本テレワーク学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009603650
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12343236
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1347-3115
  • NDL 記事登録ID
    024947656
  • NDL 請求記号
    Z71-G639
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ