欧州と米国の新しい特許分類CPC(欧州米国共通特許分類)の活用と留意点(<特集>特許分類を考える) New Patent Classification CPC (Cooperative Patent Classification) between the EPO and the USPTO(<Special feature>Considerations for patent classification)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2013年1月より,欧州と米国との共通特許分類,CPC(Cooperative Patent Classification)が発足している。従来,米国特許庁は独自性の高い米国特許分類(USPC)を長く利用してきた。今回,共通特許分類の発足に伴い,米国特許庁は国際特許分類(IPC)の流れを汲む分類体系に歩み寄った,と捉えることもできよう。欧州/米国の二庁間では重複作業の排除と情報共有が期待されている,といわれる。また一般ユーザーにとっては分類体系の理解,調査分類の決定などの面で,負担軽減のメリットがあると考えられる。本稿ではCPC分類に至る流れや,分類体系の概要を概説した上で,Espacenet,USPTOにおける検索方法と留意点について概説する。

Since January 2013, CPC (Cooperative Patent Classification) has been launched between the European Patent Office (EPO) and the United States Patent and Trademark Office (USPTO). Until now, the USPTO had been using the highly unique United States Patent Classification (USPC). With the start of the CPC, it can be said that the USPTO compromised to a classification system that follows the International Patent Classification (IPC). The EPO and USPTO hope to eliminate duplicated work and share information. Also, in understanding the classification system and determining the research classification, there should be a reduction in burden for the general user. In the future, it is suggested that there may be a certain influence on IPC reform. Here we give a general overview of the events leading to the CPC system, a summary of the classification system, browsing the classification table, a search strategy, etc.

収録刊行物

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009615688
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    024639412
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ