児童生徒の情報活用スキルの習得と司書教諭の指導効果に関する検討 A Study of the Relation between the Acquisition of Information skills and the Effect of Guidance by Teacher Librarian

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

探究的な学習には情報メディアの活用技法や学校図書館の活用方法(本論文では「情報活用スキル」と言う)が必要である。これらは各教科等の指導の中で習得させるものであるが,調査結果から,小学生に習得させにくい情報活用スキルがあることがわかった。さらに,中・高校生を含めて調査したところ,習得させにくい情報活用スキルが図書で調べる指導項目に多く含まれていることもわかった。そこで,小学校において情報メディアの専門的な知識をもった司書教諭が各教科等の授業に携わった場合と比較して検証したところ,各教科等の指導の中では難しかった情報活用スキルの習得に効果があることが示唆された。

Knowledge about how to use school library and skills of using information media are required in inquiry learning. We call those as information skills. This kind of literacy should be basically taught in learning subject matters. The result of the study indicates that it is difficult for elementary students to master a considerable ratio of the literacy as a part of subject matters. Analysis of information skills in elementary, junior high and high school revealed that the skills include most of those literacy. The effect of team teaching of librarian who has profound knowledge about information media and class teacher, to teach those literacy was proved to be high.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009616721
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13409352
  • NDL 記事登録ID
    023479759
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ