花は笑う : アステカ人の宗教における創造のシンボリズム Laughing Flower : The Symbolism of Creativity in the Aztec Religion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

アステカ文明などの舞台となった古代メキシコ(メソアメリカ)では、「花」は地上のあらゆる生命に関する神話的起源の地「タモアンチャン」を表現する重要なシンボルであった。古代メキシコにおけるこの「花」の文化的宗教的意味について触れた研究は、既にいくつか存在する。しかし十六世紀前後に作成されたスペイン語・ナワトル語(アステカ人が使用していた言語)の文献資料を検討する中で、しばしばこの「花」の主題が「笑い」という主題と強く結びついていることに、筆者は気付いた。このことは従来の議論では、あまり注意されることのなかったことである。そこで本論では古代メキシコの宗教詩や神話における、「花」と「笑い」に関係する事例をいくつかとりあげ、さらに「笑い」の宗教的意味を探るために植民地期以降のメキシコ先住民の神話的伝承を検討することで、「笑い」が「花」と同様に、優れて宇宙創成的な意味を帯びた主題であったことを論じる。

In ancient Mexico (Mesoamerica), where a series of great civilizations such as the Aztec and the Maya flourished before the Spanish Conquest in the 16th century, the flower was one of the most distinguished religious symbols. It represented Tamoanchan, the mythical place of origin. While there exist several studies that refer to the cultural significance of the flower in Mesoamerica, they have hardly paid enough attention to the fact that the theme of the flower is intimately related to that of "laughter." I realized this through examining some Spanish and Nahuatl (the ancient Aztec language) documents from around the 16th century and archaeological materials. In this essay I present some examples from religious poems and mythologies of ancient Mexico which show the remarkable relationship between the flower and laughter. Then, to inquire further into the religious meaning of laughter for the Aztecs, I refer to modern mythologies of the Mexican indigenous groups (documented in the early and mid-20th century) and show that the theme of laughter was, just as that of the flower, one of the important cosmogonic symbols in the Aztec religious tradition.

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 87(1), 131-156, 2013

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009625109
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    024793780
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ