2者間遠隔映像コミュニケーションにおける食事の有無の効果 The effect of the appearance of meal in dyadic video-mediated table talk

この論文をさがす

著者

    • 古川 大智 FURUKAWA Daichi
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduated School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba
    • 檜垣 雄也 HIGAKI Yuya
    • 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 College of Media Arts, Science and Technology, School of Informatics, University of Tsukuba
    • 井上 智雄 INOUE Tomoo
    • 筑波大学図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

抄録

本研究は、2者間遠隔映像対話場面において食事の有無がコミュニケーションに与える影響を明らかにするために、食事の有無という2条件での遠隔映像対話場面の映像を取得し、その映像をもとに発話について分析を行った。その結果、食事有り条件では食事無し条件と比べてフィラーの頻度が高く、沈黙長が長いこと、交替潜時の長さが長いことが明らかになった。さらに、食事無し条件で発話衝突の回数が多い傾向があることが示唆された。

we analyzed the dyadic video-mediated table talk in two conditions where they conversation with meal or without meal. From the video analysis of the participants' conversation, it was found that the frequency of filler words was higher, length of silence was longer and interval of turn-taking was longer in the conversation with meal. Additionally, the amount of the collision of utterances was tend to be larger in the conversation without meal.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 112(176), 37-41, 2012-08-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009627186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023935395
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ