複数解探索のための粒子群最適化アルゴリズムにおける鈍感さと衝突の効果 Effects of Collision and Insensitivity in Particle Swarm Optimizers for Multi-solution Problmes

この論文をさがす

著者

    • 丸山 一紀 MARUYAMA Kazuki
    • 法政大学理工学部電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering,Department of Electrical and Electronics Engineering,Hosei University.
    • 斎藤 利通 SAITO Toshimichi
    • 法政大学理工学部電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering,Department of Electrical and Electronics Engineering,Hosei University.

抄録

本論文では複数解問題に対する柔軟な粒子群最適化法について考察する。システムは決定論的な差分方程式に支配される。粒子は離散的な探索空間を移動する。アルゴリズムは鈍感パラメータと粒子の衝突を含み、粒子は動きに多様性を持つ。これは、粒子の集中を防ぎ、複数解探索に有利に働く場合がある。ベンチマークとIKEDA Mapの周期点探索問題に適用し、アルゴリズムを基本的なベンチマークとIKEDA Mapの周期点探索問題に適用し、その有効性を検討する。

This paper studies flexible particle swarm optimizer for multi-solution problems. The system is governed by deterministic difference equations without random parameter. Particles are potential solutions, which move in discrete space. Our algorithm characterized by insensitive parameters and inter-particle collision. They can prohibit un-necessary particles concentration and can give variety in the particles dynamics: that can be suitable for the multi-solution problems. The algorithm efficiency is investigated in basic benchmarks and an exploring problem of periodic points in the IKEDA Map.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 112(227), 91-96, 2012-09-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009636818
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024076655
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ