ZigBeeを用いたベイズ法による行き先推定法の実験的検討 An Experimental examination of Bayesian estimation method destination by using ZigBee

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,ZigBee端末間の受信信号強度(LQI)の値から得られた位置情報を用いたベイズ推定による,移動端末の行き先や移動経路を確率的に推定する手法を文献[7]により提案している.本論文では,提案手法の一つであるベイズ推定を用いた確率推定が実環境において適用可能であるか実験による動作確認を行った.しかし,実験の結果より,ベイズ推定に用いる位置情報の蓄積回数が少ない場合において行き先を示す確率値の変動が大きくなり,提案手法による行き先に把握が困難であることが明らかとなった.これを解決する方法としてデッドレコニング法による移動端末の搭載センサから収集したデータに基づき,移動方向を把握する方法を実際に導入可能であるか実験により検討したので報告する.

In the present study, it proposes the technique for presuming the destination and the migration pathway of the movement terminal by Bayesian inference that uses the location information obtained according to the value of reception signal strength (LQI) between ZigBee terminals stochastically by document 7. In this thesis, the probability estimation that used Bayesian inference that was one of the proposal techniques was applicable in a real environment or it confirmed the operation by the experiment. However, the change of the probability value in which the destination was shown when the accumulation frequency of the location information used for Bayesian inference was less than the result of the experiment grew, and the grasp difficulty became clear in the destination by the proposal technique. Because whether the method of understanding the direction of the movement was able to be actually introduced based on the data collected from the installing sensor of the movement terminal by the Dead Reckoning method as a method of solving this was examined by the experiment, it reports.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 112(309), 65-69, 2012-11-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009641703
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024150390
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ