国際連携活動の実際とノウハウ : DRFの活動を通して The practice and know-how of international cooperation activities by the DRF (Digital Repository Federation)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

デジタルリポジトリ連合 (DigitalRepository Federation. DRF) は国立情報学研究所のCSI事業による財政支援等により,機関リポジトリに関する国際的な連携活動を行ってきた。本稿では,これらの活動の内,機関リポジトリ関連の国際会議に数年にわたり継続的に参加した経験を踏まえて,国際会議での口頭発表,ポスターセッション,海外のオープンアクセスジャーナルへの投稿等の実際とノウハウについて報告する。The Digita1 Repository Federation (DRF), operating with financial support through the Cyber Science Infrastructure (CSI) initiative of the National Institute of Informatics, is involved with numerous international activities relating to institutional repositorys. In this paper, the authors report on some of the activities they have undertaken and the knowledge they have gained, beginning with attending international conferences relating to institutional repositories, and then giving oral reports, poster sessions,and contributing articles to overseas open access journals.

収録刊行物

  • 大学図書館研究

    大学図書館研究 98, 40-50, 2013-08

    大学図書館研究編集委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009656594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136087
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03860507
  • NDL 記事登録ID
    024936963
  • NDL 請求記号
    Z21-397
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ