ファイバースコープ取得画像の蜂の巣状ノイズ除去に関する検討 (映像表現&コンピュータグラフィックス) A Study on Honey-Comb Structure Noise Removal for Images Acquired by Fiberscope

この論文をさがす

著者

抄録

ファイバースコープは,他の内視鏡と比較して細径化が容易であり,1〜2mmのすき間を通すことも可能であることから,診断や手術支援に新たな可能性を拓くものとして期待されている.しかし,ファイバースコープで撮影した映像には情報伝達に使用するファイバー一本一本の境界が影として出力され,取得画像を著しく劣化させてしまう.本稿では,ファイバースコープに用いられる全ファイバーの位置を正確に登録することで,画像中の有用な情報のみを取り出し,画像からノイズを除去する二つの方法について検討している.実際にファイバースコープで撮影した映像を用いて実験を行い,二つの方法の効果を比較する.

Fiberscope is expected to lead the new possibility in diagnosis and operation since it is easy to make it thinner than endoscope and it can be penetrated in very narrow gap of 1〜2mm. However, the quality of images acquired by fiberscope is seriously deteriorated due to the shadow caused around the perimeter of each optical fiber that transmits optical signal. In this work, we study on two noise removal methods that central point of all optical fibers in fiberscope. Through the experiments using the images acquired by fiberscope actually, the effectiveness of these methods is compared.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 37(35), 27-30, 2013-08

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009660668
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL 記事登録ID
    024820705
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ