ファイバースコープ取得画像の高解像度化に関する検討 A Study on High-Resolution Attainment for Images Acguired by Fiberscope

この論文をさがす

著者

抄録

ファイバースコープを用いた内視鏡は,胃カメラに代表されるCCDカメラを先端に取り付ける内視鏡と比べて先端部分の細径化が容易なため,診断や手術支援に期待されている.しかし、ファイバースコープを通して得られる画像の解像度は、束ねられたファイバーの本数分であり、各ファイバー間にはクラッドノイズと呼ばれる蜂の巣状ノイズが発生するため,細径のファイバースコープで取得した映像は低品質なものとなる.本稿では,ファイバースコープ取得画像に,ボロノイ分割によるノイズ除去と,確率的アプローチを用いた超解像の考え方を用いて高解像度化を行うことで,この問題の解決を試みた.

Endoscope using fiberscope is expected to lead the new possibility in diagnoses and operation since it is easy to make it thinner than endoscope equipped CCD like gastro camera. However, the resolution of images acquired by fiberscope is equivalent (limited) to the number of optical fibers bundled, and particular noise so-called honey-comb noise is caused among fibers. Thus, the image quality captured by fiberscope is generally very low. In this work, we try to solve this problem and improve the resolution of images acquired by fiberscope by employing noise removal using Voronoi tessellation as well as stochastic super-resolution.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 37(35), 31-34, 2013-07-25

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009660669
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13426893
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ