高齢者の色知覚を復元する色補正法の一考察 A Consideration of Color Compensation Method to Recover Color Perception of Elderly People

この論文をさがす

著者

抄録

高齢者の色知覚を若年者の色知覚に近づける色補正法は,加齢による高齢者の水晶体透過率の低下と縮瞳を補うために色信号を全体的に増幅する補正処理を行う.このため,元の入力画像に含まれる色信号がRGB表色系の表示可能域(0〜255)を超えてしまう場合があり,表示する補正画像上に、これらの画素に色の塗りつぶしなどの不都合が生じる恐れがある.そこで本稿では,464色のデータセットや複数の自然画像を用いて,加齢に伴い表示域内の色がどれだけ範囲外に出てしまうのか,入力画像の色分布の相違が表示画像にどのような影響を与えるかについて考察する.

The color compensation method, which recovers the color perception of elderly people making similar to the one of young people, entirely amplifies color signals to compensate lenticular yellowing and pupil diameter reduction by aging. Thus, the color signals in the original image sometimes exceeds the range (0〜255) of RGB color system, which causes undesirable effect on the output (corrected) image by rounding operation of such pixels into the displayable range. From this point of view, in this work, we examine which color exceeds the displayable range and how the color distribution of the input image affects on the output image in this color compensation method by using 464 colors in the data set and several natural images.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 37(35), 35-38, 2013-07-25

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009660670
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13426893
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ