生成音楽評価の20年  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

演奏・学習支援,作編曲,表情付けなど,人間の音楽活動をより豊かにすることを目的とした研究が盛んである.それらの研究評価においては,とくに,生成された音楽に対する評価について,様々な取り組みがなされてきた.本稿は,オーガナイズドセッション 「生成音楽の評価学」 の導入として,過去の音楽情報科学研究会で取り組まれてきた研究評価について概観する.

Journal

  • IPSJ SIG Notes  

    IPSJ SIG Notes 2014-MUS-102(18), 1-4, 2014-02-16 

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009662746
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10438388
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top