犯罪不安喚起に関わる環境要因の検討 : 大学キャンパスを用いたフィールド実験 Examination of Environmental Elements of Fear of Crime : Field experiment in a university campus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人々はどのような場所や時間帯あるいは雰囲気で,自分が犯罪に遭うかもしれないという不安を感じ,そして警戒するのだろうか.犯罪不安が,加害者・被害者という人的要因だけでなく,それを促進または抑止する環境要因との相互作用として現れると考えれば,環境要因の役割に着目する必要がある.本研究は,実際の大学キャンパスをそのまま使用するという,自然な条件下で実験を行なうことで犯罪に対する不安のリアリティを保ちながら,同時に不安を喚起する環境要因を予め定めた実験を行なった.被験者は,対象となったキャンパスに通う52名の大学生で,昼夜に一度ずつ同じルートを歩行した.彼らはルート上の定められた14地点において,「誰かが潜んでいることの可能性」「見通しの良さ」「もし犯罪者に遭遇したら自分が逃げることの可能性」「他者の存在」「明るさ」および「不安」についての評定を行なった.その評定結果から,(1)見通しが悪くなるほど,人が少ないほど,誰かが潜んでいそうな場所であるほど,自分が逃げるのが難しそうな場所であるほど不安が高くなる,(2)夜間では暗くなるほど不安が高くなる,(3)女性のほうが不安を感じやすい,という傾向が明らかになった.これらの結果は,調査紙法や聞き取り調査による先行研究の結果を支持するものである.従って,環境要因を定めた上で現実場面を用いる本研究の試みは,今後の犯罪不安研究の有効な手法であると考えられる.

What places, time zones or atmosphere provoke fear to encounter to crime (Fear of Crime)? If fear of crime appears as a result of interaction not only with human factors such as being conscious of assailants and victims but also with environmental elements that promote or repress fear of crime, it is necessary to pay attention to the environmental factors. To keep both the reality of situations, i.e., ecological validity, and the experimental control of factors examined, i.e., internal validity, this research adopted field experiment in a university campus. Participants of the experiment were 52 students who commuted to the campus, and each participant walked through there alone twice, one in the daytime and one in the nighttime, along the predesigned route. After each walk they rated 14 points along the route on 6 5-point scales. The rating scales consisted of : 1) if a potential assailant is hiding or not, 2) if prospect is enough or not, 3) if the participant can escape in encountering crime or not, 4) the number of potential strangers in the scene, 5) brightness, and 6) if they felt a fear or not. Results show first that less prospective, more decrease others' existence, more increase hiding places, and more decrease possibility of escape provoke higher fear of crime, second that darkness increase fear at night, and third that females feel more fear than males. These results support the findings of preceding studies using survey or interview. Finally, the results also imply the usefulness of field experiment in the field of fear of crime research.

収録刊行物

  • MERA Journal=人間・環境学会誌

    MERA Journal=人間・環境学会誌 8(2), 11-20, 2003-08-05

    人間・環境学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009665493
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059167X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1341500X
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ