共振器並列形回路の合成理論に基づいた有極形帯域通過フィルタの高精度設計 (マイクロ波) Accurate Design of Bandpass Filters with Transmission Zeros Based on Synthesis Theory of Transversal Array Network

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロ波フィルタにおいて入出力ポート間の直接結合を利用すれば,阻止域に伝送零点を生成できることはよく知られている.しかし,従来のフィルタの設計ではその結合量の定量的評価法や,合成理論に基づいた設計が行われていないなどの問題があり,伝送零点周波数の制御には課題があった.そこで本稿では,フィルタの物理構造モデルから入出力直接結合量の抽出する手法を提案するとともに,合成理論に基づき得られた設計パラメータの理想値と抽出値を比較評価することで,伝送零点を高精度に設計できることを示す.設計例として共振器並列形回路の合成理論及び提案手法を用いてデュアルモードループ振器フィルタの設計を行い,対称及び非対称特性の両方を実現している.提案手法及び本設計の有効性は,フィルタ合成より得られた理想値と抽出値ならびに周波数特性の比較よって検証している.

In microwave filters, it is well known that using direct source/load (S/L) coupling makes it possible to generate transmission zeros at stopbands. However, conventional design methods have the problem that the direct S/L coupling cannot be straightforwardly evaluated in filter designs. This is because any useful extraction techniques for the direct S/L coupling have not been developed yet.In this paper, a new parameter-extraction technique for transversal array filters is proposed, and also a design method in conjunction with the extraction technique is introduced for multi-mode filter designs. As an example, we design three filters constructed by a dual-mode loop resonator, which realizes both symmetric and asymmetric frequency responses by precisely controlling transmission-zero frequency positions based on a synthesis theory of transversal array filters. The validity of the proposed method is verified by the comparison between the simulated and synthesized results.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(355), 49-54, 2012-12-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009667257
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024196247
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ